「売り上げ至上主義」から
「地域と共に幸せになる共存・共栄の道」で生まれた奇跡。

Pocket

「昼夜を問わず、働き詰めてきた仕事人生。「売り上げが下がるとクビになる」脅迫観念のように思い続けプレッシャーを抱えながら必死に走り続けている。
過去を振り返るとそんな自分しかないんですよ。」開口一番そう語る今の矢部氏の表情は、言葉とは裏腹に穏やかなエネルギーに満ちている。
厳しいと言われる業界の中で本気で働き続けたからこそ見えてきた新しい世界。「売り上げ至上主義」から、チームで楽しく働きながら「地域への貢献」に邁進する矢部氏への変化の裏側にはどのような軌跡があるのだろう。

「ヴァリアントに入る前は福井県を本拠地とした会社で働いていました。当時は朝の6時に起きては店に1番に行って店開け、20時まで働き、晩ごはんを食べたらまた店に行き仕事をする。家に帰るのは夜中の3時、睡眠時間は約2時間、こんな毎日が続きました。
食事はポケットにパンやおにぎりを入れておいてスタッフに気付かれないようトイレに行きぱっと食べるんですよ。困るのは飲み物も取る暇が無いから、トイレの蛇口から直接水を飲んでしのぐ。そんな状態でした。」
『会社を辞めたい』何度も頭の中によぎる。
「でも一緒に働いている社員やアルバイトのためには業績が上がるまでは辞めれない!そんな想いで毎日必死にやっていました。」
そして1年後、業績は上がり安定した頃に退職を決意、今のヴァリアントへ縁を頂いたのだと言います。

「結果を出さなければ価値がない、クビになる。そう思い続けた。」

「結果を出さなければ価値がない、クビになる。そう思い続けた。」

当初のヴァリアントは、まだまだお客様が少ない状態。矢部氏は当然のように今まで通り、朝7時から夜21時まで店で働き、数字を上げるためにがむしゃらに働きはじめました。
しかし、ヴァリアントは今までの会社とは少し違ったと言います。

ある時社長から「業績を上げてくれるのは嬉しいけれど、今のままだと部下が育たない。必ず休みなさい」と言われ、月8日休まないと罰金という仕組みまでできたと言います。
「今にして思えば私の身体を心配してくださっていたことも解るのですが、当時の私は“罰金を払うのは嫌だから仕方なく休もう”という感覚です。
これまで働いてきて自分の中に刻まれていた“結果を出さないと価値がない”、“数字を下げるとクビになる”という信念は根深く「業績を上げなければお前らもクビになるぞ」と部下にプレッシャーを与え、そのやり方に従えない人間はいらない、というスタンスでした。人を信用せず、自分ひとりで頑張ろうと孤軍奮闘していた感じです。」と当時を振り返る矢部氏。

「自分さえ頑張れば売り上げはあげられると思っていた」

「自分さえ頑張れば売り上げはあげられると思っていた」

「人材に関しても課題がありました。数字が少しでも落ちると厳しく追及されるという当時の状況に店長たちが悲鳴をあげ、生え抜きの優秀な社員がどんどん辞めていったのです。
これから店舗を拡大していくという時に人材が減っていくという、どうにもならない状況に社長も悩んでいるようでした。」
何とかしたいというジレンマの中でも自分の店舗を守るのが精一杯、チームワークというのがほとんどなかったと当時の心境を振り返ります。

『どこかの店舗の業績が落ち始めると、自分たちじゃなくて良かったとみんな思っていた。同じ店長という立場で気の毒と思うけどその間に自分の任されている店舗の数字が落ちないようにまた、不備など無くして役員から突っ込まれないよう改善に力を注ぐ。同情はするけど助ける時間があるなら自分の店舗を守る。横のつながりなんて全く感じなかったですね。みんな自分のことで必死だったんです。』
チームがバラバラの中、さらに孤立してがむしゃらに働く時代が続いた。

「自分の店舗守るのが精一杯。他は見ないふりをした。」

「自分の店舗守るのが精一杯。他は見ないふりをした。」

「そんな私を何とかしてあげたい。と役員は心から心配してくれていたのだと思います。」当時、役員が学ぶリーダシップの研修へ参加するようにと声がかかったのはそんな最中だったといいます。
ワールドユーの研修に通い始めた最初の頃は、仕事のことで頭がいっぱいで、自分が店舗に居なければ状況がわからない。ライバルが仕掛けてきた!いつものお客様が居ないなどが起きた時、どのような判断をして対応するのか!自分でないと出来ない。研修になんて参加している場合ではない!と思っていたと言う矢部氏。
当然学びには打ち込めず、研修の合間も仕事、仕事、研修終了後も朝まで仕事をし、講義の間に眠るという状況が続いたといいます。

「当時を振り返ると本当にこんな状況の自分を社長が良く辛抱強く見守って、研修に送り続けてくださったと頭が下がります。」

「大阪での研修風景。頭の中は仕事のことばかり考えていた」

「大阪での研修風景。頭の中は仕事のことばかり考えていた」

しかし、ある出来事をきっかけに、学びにスイッチが入ったといいます。それは、ギャンブル依存症対策を目的とした営業に関する規制でした。
「今までは、お客様を集めようと思えば、店長の考えひとつで何でもできたので、自分の力で売り上げを達成することができると思い込んでいました。
しかし、この規制により今までの自分が得意としていた手法が使えず、何をすべきなのかわからなくなってしまったんです。」そして悩みぬいた先に行きついたのは仲間の存在。

「一人では何も出来ない、これから必要なのはマンパワーだと気付いた瞬間でした。」

「すぐ隣にいる仲間の大切さに気づいた」

「すぐ隣にいる仲間の大切さに気づいた」

「はじめて学び続けてきたことが、耳に入りはじめてきたんですね。そうかコミュニケーションなんだ。自分一人でどうにかなると思ってやってきたけれど、それは違う。
これからは、スタッフの力を借りなければ何もできない!と気づいた時、はじめて変わり始めました。」

みんながついてきてくれるリーダーになるために、懸命に学んでいこうと、自分が変わろう!と決めた瞬間でした。

「一人ひとりと信頼をつないでいこう」

「一人ひとりと信頼をつないでいこう」

「まず、私が最初にしたことは、スタッフに謝ることでした。今までやって当たり前と思って感謝を伝えてこなかったこと、そして、スタッフを信頼することができず、仕事を任せることができなかったことを謝りました。さらに、自分からスタッフに話しかけ、仕事以外の話もできるような関係になる努力をしました。
そしてこれからは、お客様一人ひとりを大切にしていきたいので、手を貸して欲しいと伝えていきました。」一人ひとりと顔を突き合わせて語りはじめた矢部氏。

「働いていることに誇りを持てるお店をつくろう」

「働いていることに誇りを持てるお店をつくろう」

そして新店の起ち上げを任された矢部氏はこの店舗を知名度の高い店にしていきたい、地域に貢献していきたいこと、働いていることに誇りを持てるお店にしたいとコンセプトを伝え、そのためにはどうしたらいいか?とスタッフに語りかけ、知恵を出してもらうために走り回ったと言います。

「みんなで力を合わせよう。0to1の取り組みがはじまった」

「みんなで力を合わせよう。0to1の取り組みがはじまった」

地域貢献するためには何をするべきかとアイディアを募りはじめると、「今度、始まるお祭りに何か出し物とかできないかな」、「地域にあるお店にウチの会員カードを見せると特典があるといいよね」などスタッフから続々と声が挙がったといいます。

自分達の地域を大切にしよう!自主的にはじめた清掃活動。

自分達の地域を大切にしよう!自主的にはじめた清掃活動。

「まずは月に1回社員、キャストで地域の清掃活動を始めました。お祭りでは、神輿を担いだり食事ができる休憩スペースの用意、かき氷を出店するなどお祭りを盛り上げた結果、商工会の方から『また来年も頼むな』、『これから懇親会があるけど参加してくれ』などの声を頂くようになり、今でもお祭りには参加させて頂いています。」と嬉しそうに語る矢部氏。

そんな最中、一人のスタッフから「お昼になるとお客様がご飯を食べに行ってしまうので用意できないかな」、「朝早くから寒い中並んでいるお客様に何とかできないかな」と声が挙がったと言います。

お客様や地域の為にもっともっと出来ることはないかな? チームがどんどん一つになっていく。 

お客様や地域の為にもっともっと出来ることはないかな?
チームがどんどん一つになっていく。 

その時あるハンバーガーショップが売上低迷に苦しんでいることをふと思い出したと言います。地域にもそのハンバーガーショップがある。
そこからハンバーガーを購入すればお店にも貢献できるだろう。
そのハンバーガーを無料でお客様にお配りすれば喜ばれるし席を離れなく遊技していただけることで自店にも売上の貢献があると考えた矢部氏はすぐさま行動に。
ある特定の日には200~300個のハンバーガーを購入し配布しました。

「ハンバーガーだけではなく、他にも近くのお弁当屋さんにおにぎりを注文し配布するなど多くの地域のお店に貢献できるよう対応した結果、徐々にお客様が増え始め、朝早く並んでいるお客様に何かサポートが出来ないか?と悩んでいた私達に朗報が届いたのです。」

なんと、ハンバーガーショップから『コーヒーを販売させてもらえませんか』、お弁当屋さんから『豚汁を販売させてもらえませんか』と相手から声が掛かったのです。

「もちろん即OK!私達の悩みは解決されました。」

 

 

さらに立ちながらコーヒーを飲んで長い時間待っているのは大変と思い、丸イスを30個用意してお客様が座って待てるようにした結果、なんとイスの数は30個から50個、80個、100個、150個と増えていくことに。

このような他店にはない試みを取り入れたことでお客様の満足度も上がり、評判を呼び、県外からの来店者も増えてきました。
お客様が喜んでくださった結果として当社の売り上げが上がり、そして地域のお店の利益にもなるという三方よしが実現しました。」

「評判は県外まで。開店前に続々と人が集まるように」

「評判は県外まで。開店前に続々と人が集まるように」

店の前に並べば並ぶほど、スタッフのモチベーションが上がっていきました。今でもこの店舗は社内でも一番コミュニケーションがとれているお店と言われています。」

「地域貢献の取り組みに手ごたえを感じはじめた」

「地域貢献の取り組みに手ごたえを感じはじめた」

「チームビルディングや地域貢献に手応えを感じ、結果にもつながってきた矢先、私にとっては大きな試練の時期がやってきました。」2017年の6月に社長が交代したのです。
新体制となったことで私は『これからしっかりと新社長を支えていこう!』と強い気持ちを持ちました。しかし、新体制がスタートし徐々に新社長の情熱とスピードについていけなくなる自分を感じはじめたといいます。

「社長は激励のため店舗を毎日まわってくれるようになりました。社長は「みんなの頑張りを認めたい」という想いで始めたことだったのですが、就任したばかりだからこそ、会社をよくしようと情熱を傾けるあまり、その熱意に社員やキャストたちが委縮し始めました。私のもとにスタッフからの相談が多く届き、それを社長に伝えるという、板挟みの苦しみがありました。」社長と自分との間に情熱のギャップがあるのではと悩み始めた矢部氏。

「不安が増えていき徐々に気持ちが「守り」に徹し始めました。自分はこの会社で長く続けていくことはできないのではないかと思い始めてしまったのです。
ワールドユーに来ていても、こんな悩みを相談したら恥ずかしい思いをするのではないかと勝手に思い込み、人にも聞けず、会社でも本音を言ったら評価が下がってクビになるのではないかと、言いたいことが言えない状態に。」そうして矢部氏は自分の中に閉じこもってしまったと言います。

 

 

「食欲もなくなり、眠れなくなり、疲れが抜けない、役員と部長でつながっているメールでも「また怒られるのかな」など思いメールを開くことさえできなくなるという悪循環に入ってしまいました。
精神的にも、自分を守っていた鎧がボロボロになってしまったような感覚で、痛みが心に突き刺さり、完全に意気消沈していました。
社長は自分を成長させるために言ってくれているのに、その時の私は、「自分は能力がない。貢献できていない。いてもしょうがない」というふうにしか受け止められなくなっていくのです。」
今になって思えば「思い込み」という幻想に飲み込まれることがどれほど大きな影響があるのかと、そしてそこから抜けるのは並大抵のことではありません。

「屋久島での内省内観合宿へ」

「屋久島での内省内観合宿へ」

その頃、ワールドユーの屋久島での内省内観研修に行く話が舞い込んできたと言います。
「自分が辞めてその分の経費がなくなれば会社も楽なのに。辞めようと思っている人間がいってもしょうがない」と思う一方で「本当の意味で会社を辞めたいわけではない、この研修で乗り越えたらチャンスはあるかもしれない。この研修に賭けてみよう!」という自分もいました。
「参加して、それでも難しいと思ったら会社を辞めよう」心の中で強い決断をして屋久島へ向かいました。

「本気で自分と向き合ってみよう。強い決意で臨んだ内観」

「本気で自分と向き合ってみよう。強い決意で臨んだ内観」

屋久島に着いた時はエネルギーが極端に下がった状態で、内省内観はなかなか進みません。
次々と内観が進んでいく周りの仲間たちを見ながら、何度も「もうやめてしまえばいい」「適当にやっているふりをして終わらせてもいいんだ!」という自分と「いや、駄目だ!俺はもう一回変わりたいんだ」という自分が葛藤し続けたといいます。

「あきらめたくない。最後の一人になっても向き合い続けた」

「あきらめたくない。最後の一人になっても向き合い続けた」

とうとう、自分が最後の一人になってしまいました。それでも、自分が本当に納得するまで周りを気にせずに向き合いつづけると決めて取り組みました。
「なぜ自分は評価ばかり気にするのか?」「結果を出さないと価値がない」と思い続ける自分、「誰かに助けてほしい」と言えない孤高に頑張り続ける自分。自分自身と深く向き合ったとき不思議と腹がすわってきました。

なんとか内観を終えた瞬間、トレーナーからすっと声がかかりました。
「今、屋久島にはちょうど、前社長(現社長の兄)も来ている。きっと何か大切な縁だね。何か話したいことがあれば話してみない」と。
私は自分が辞めようと思っていることをトレーナーに伝えました。そして「それを前社長に正直に誠実に話してみたら?」と背中を押していただきました。

「自分の心に正直に誠実に」

「自分の心に正直に誠実に」

その話の後、トレーナーにも見守って頂きながら前社長と話すことに。もう言うしかない、腹をくくって「自分は辞めようと思っています。
これ以上会社には貢献できません」と伝えました。「どんな風に思われるのだろうか」「一体何を言われるのか・・・」苦しい気持ちで顔をあげると、目の前にはポロポロと涙を流す前社長の姿がありました。

私の話をただ静かに聞いてくださっていた前社長は、「すまなかった。もっと早く気づいていれば、こんな大変な思いをさせなくてすんだ」と涙を流してずっと謝られたのです。

その瞬間不思議なことに「自分は大切にされているんだ。この会社にいてもいいんだ」と、心がす~っと癒されて信じられないほどあたたかい安心感に包まれていきました。
自分自身も初めて本音を言えたような気がして、すっきりした気分でした。たった1時間の面談でしたが、前社長の本音も聴けて、自分の想いも伝えられて、お互いに理解し合うことができたことで、一気に元気がみなぎってきたのです。

「ここに居ていいんだ。光がふりそそぎ一気にエネルギーが満ちてきた」

「ここに居ていいんだ。光がふりそそぎ一気にエネルギーが満ちてきた」

「辞めよう」と思っていた自分が「もっと頑張ろう」と思えるようになりました。
地獄のように感じていたそれまでの半年間、すべては自分を成長させようとして言ってくれていたこと、自分で自分を追い込んでしまっていたこと、勝手に自分は役に立たないと思っていただけだったことに気づき「自分には存在意義がある」と思えるようになりました。冷たくて真っ暗闇の中で勝手にもがき苦しんでいた世界に、あたたかい光があふれるように降り注がれていたことに気づいたのです。信じられない光景でした。

「自分は大切にされている。」

「自分は大切にされている。」

そこからたくさんの変化がありました。店長が育たなかった状況から、ある時、定着し始めていることに気づきました。
「矢部さんがいるから安心、矢部さんがサポートしてくれる、助けてくれる」という声もかけていただけるようになりました。
私の変化もさることながら、社長がどれほど学び努力されてきたのか、一番の理由は社長の変化だったと様々な事に気づけるようになりました。

「どうやったら上手くいく?気づけば聴いてくれる。」

「どうやったら上手くいく?気づけば聴いてくれる。」

数字が悪い時もただ指摘するのではなく、気づけば上手くいかない時こそ「どうやったらうまくいくと思う?」と社員に聴いてくれているようになっていました。
「何を言っても大丈夫だ。受け止めてくれる」という空気感が少しずつ広がってきたことで安心して働ける社員が増えていたのです。

「何を言っても大丈夫。安心できる仲間がひろがっていった」

「何を言っても大丈夫。安心できる仲間がひろがっていった」

社長にとっては、数字が落ちている時に言葉を飲み込むのは相当なストレスだと思います。最初は大変だったと思います。
だからこそ、私にとっては「なんとかして早く挽回して、安心させてあげたい」という活力になりました。

「社長と共にビジョンに向かって」

「社長と共にビジョンに向かって」

さらに生活にも大きな変化が起こったと言います。
「長年偏食だった自分が健康が1番だと思えるようになった。これは信じられないことでした。
今まで健康なんて意識したこともなかったし、食事は好きか嫌いかだけ、それが体にいいものを食べようという意識に変わった。
面談で健康、睡眠は大切な土台だからと昔から何度も言ってくれていたのに、全く受け入れませんでした。
屋久島での内省内観後、自分は大切にされていることに気付き受け入れようと。苦手とする野菜を食べ始めました。」
徐々に食べていくうちに不思議と野菜の新鮮さとかが分かるようになり食生活の改善と共にストレッチも始めたといいます。

「これも今までも言われていたけれどやっていなかった。毎日やるようにしたら体が楽になってきた。ひどかった肩こりがやわらいできた。
体が軽い、自分じゃないみたいな感覚。効果を感じると、こんなにもずっと社長は自分のことを考えていてくれたんだなと。
だから家族のように面倒な事を言い続けてくれた。自分も部下たちにそうしてあげたいと想いをつないでいくのが私の役目だなと。」

一緒に険しい山を登る 家族のように見守ってくれるからチャレンジできる

一緒に険しい山を登る
家族のように見守ってくれるからチャレンジできる

そして今後はヴァリアントの会社理念の中でも一番重視している「明るく楽しく」というテーマを大切にしながら地域貢献をしていく会社にしていきたいと冒頭のあたたかな笑顔で語る矢部氏。

「明るく楽しく!みんなで進んでいく。」

「明るく楽しく!みんなで進んでいく。」

「やっぱり地域貢献をしたいですね。社長が明るければ、みんなが明るくなることも実感しましたが、今度は自分の会社だけでなく、地域の人を大切にし、大切にされる会社でありたい。そうあり続けることで、全員が幸せになっていき、共存・共栄という理想に向かっていけると私は信じています。」

「全員が幸せになる共存・共栄に未来に向かって」

「全員が幸せになる共存・共栄に未来に向かって」

孤高に走り続けた先に今見えるのは仲間と共に、地域と共に幸せになる共存・共栄の世界、だからこそ、矢部氏の言葉に冒頭の穏やかでしなやかなエネルギーを感じるのだろう。



最後まで読んで頂きありがとうございます。
感謝!


いかがでしたでしょうか?

私たちは「考え方をシフト」することで、
幸せな人生を実現したリーダーの事例を、
多くの経営者に広めたいと思っています。

考え方をシフトさせるのは、難しくもあり
易しくもあります。

どんな点がポイントになるのか、
メルマガでお伝えしていますので、
よろしければ、お読みになってみて下さい。

『奇跡の組織を創る』メールマガジン、無料登録はこちら


別の記事を読む → http://blog.world-u.com/

Pocket

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ワールドユーFacebook

関連記事

ページ上部へ戻る