光青工業株式会社、橋本玲子社長「ずっとうまくいく企業なんてそんなにないんじゃないかな?どんな環境になっても一緒にやれるチームをつくりたい。社長としてそういう人を育てるきっかけを作って行きたい。」

Pocket

「気持ち的に楽になりたいよね」と言う優しい笑顔で言ってくれた大切な友人の一言と、彼女のいつも輝いた笑顔の根源はどこにあるんだろうと興味を持った事がきっかけでワールドユーアカデミーの研修を受けるようになったと言う光青工業株式会社代表、橋本玲子氏。

丁度それは特にプライベートで悩みを抱えていた時期で、いつも玲子さんの心の中で同じ何かがグルグルと回っていたといいます。その当時、仕事に関しても直面する問題などは一つ一つ自分の中で策を打ってなんとか手掛けてきたので自分自身では悩みだと捉えた事はなかったものの、難しい顔をしていたと周りに言われていたといいます。

玲子さんは高度成長期の時代に父親が創業した光青工業株式会社を10年前に継ぎました。高度成長期当時は500人程の社員を持ち、日本で3本の指に入る企業へと成長を遂げたものの、次第に時代は平成へとうつり成熟しきった会社の経営は足踏み状態から下降していきました。まさに平成最初の20年間は、起こるであろう時代の変化に何も手を打ってこなかった企業なので、父が亡くなる寸前に「これじゃいかん、お前が変われ」と言う事で経営を変わったという。

神戸営業所旧
「これじゃいかん。お前が変われ」と急に託された父の会社。

創業者である玲子さんの父親の時代はまだ女性が自分の為に意見を言う事や女性が会社を継ぐ事など珍しい時代で、玲子さんは自分の為に自由な意見を言える抑制されない世界へ生きたいと常に思っていたと言います。しかし父親が会社を立派に作り上げる過程での苦労を全て見てきたこともあり、「父が元気なうちに会社が無くなる事だけは避けたかった」と言う一心で何一つ経験のない業界へ入る事を決意したのでした。

経営を引き継いで間もない頃は計算書の0が多すぎて数字を読む事も困難で、当時息子を持つ母子家庭だった彼女は財布にお札が入っていなかった時代もあると当時を振り返ります。会社の空白の20年間を経てからの引き継ぎは想像以上に大変だったそうで、当時、会社には多大な借金があり毎月4000万返済が必要な事や、会社の4つの営業所は全て異なった経理システムが存在する事を社長になってはじめて知ったと言います。

iStock-502964352
父の為にと全く経験のない業界へ飛び込んだものの待ち受けていた現実は甘くなかった。

このままではいけないと思ったものの、「その当時、自分にできることはまずは自分が新しい社長だと対外的に知ってもらうことで、ありとあらゆる会合に参加をして顔を覚えてもらう事に精を出しました。職種的にも女性の経営者が珍しいこともあり、当時は「女で何も知らない社長。あの会社は大丈夫か」と噂が蔓延していたと言いますが、新任して3ヶ月がすぎたあたりから噂をしていた人たちに「お前に交代してよかった」と言ってもらっていたということも1年以上経ってから聞いたという。この業界で自分の地位をゆっくりと築きあげてきたように見えた矢先でした。

玲子さんは社内である事に気づきます。

P1090710
「当時、社員はみんな下を向いていて笑顔がなかった。社長が変わったとかいうことではなく、ちゃんと理由があるはずだ。それを変えたくて、みんなが何を思っているのか社内アンケートをとりました。返ってきた答えは、仕事や会社そのものに対して『こんなことしてなんの役に立つのか』という声でした。」

アンケートに答えてくれた社員の心の声は彼女に重い責任としてのしかかったと言います。「彼らを笑顔にしたい。」

しかし新しい社長として努力の甲斐あって他の会社にも徐々に認めてもらえるようになっても思い通りにならないことはたくさんあって、「なんで伝わらない、あの人はわかってくれない」などと思い通りにならない理想と現実の間で苦しい思いをしました。

IMG_5472
元気のない社員の為にできることは何か。

ところが、友人に連れてきてもらったワールドユーのグループワークに参加するようになった玲子さんはある研修の中で言われた言葉がきっかけで、今まで苦しんできた胸の中の重かったシコリがすっと取り除かれる体験をしたと言います。

「小さい時の自分を想像してごらん。」

まずその言葉にリードされ幼い頃の自分自身、記憶の奥底にある風景やそれと共に蘇る何十年前の感情を通して玲子さんは、自分の存在に気づき、外から自分自身を見ることができたと言います。そこで今までどれだけ自分が周囲の人たちが身勝手で自分だけが苦しんでいると思い込んでいるか気づき、そして社長として社員とどのように接したら良いか見つめ直すきっかけを得たという。

RIMG0074
「なんだ人ってみんなこうなんだ。みんなバラバラでみんな違うと言うのがわかってきた。それぞれみんなが自分の物差しを持っていて、その人にとってそれは正しい。そうやってみんな生きているのに、私と違う事に対してばかり焦点おいてしまっていた。今はこんなにたくさんの人がいて、男性女性の強みを客観的に見れる。人って面白い事に気が付きました。」

12509090_959493154132381_4530142389313849613_n
ワールドユーのグループワークを通して「人はそれぞれみんなが自分の物差しを持っているから面白い」と思えるようになった。

色々な背景を持つ個性的な他の経営者達と1つのグループになって行うこのセッションから出てくる発言を通して玲子さんは今まで出会うことなかった価値観や世界観と出会い、「似ているところもあるけど、これ程まで違うのか」と良い刺激を得たと言います。

様々な環境で育った人が仕事という名の下ひとつの会社に集まり同じ方向に向かっていく中で課題に直面した時こそ試される1つのチームとしての団結力ですが、今まで彼女は責任を持って社員をリードしていく事こそが社長だと自分に言い聞かせてきました。

しかし、研修を通して徐々に社長という肩書きにとらわれず、まずは「自分が1人の人間として変わらなきゃいけない」という視点を持ち始めたと言います。この気持ちの変化はやがて引き継ぎをする前から会社が抱えていた問題は自分が引き起こした物ではないと背を向けていた甘えの部分を捨てて、過去が何であれ状況を受け入れる覚悟へと繋がっていきます。

20170123-20170123-DSC_7902
人の違ったところをポジティブに受け入れることができると自然と自分自身が変わる覚悟が生まれた。

ワールドユーの研修を積極的に受けるようになり約3年経った今、社長の玲子さん自身だけでなく社内でもどんどん笑顔が増え、楽しそうに何かに取り組む社員の姿をみると確実にポジティブな変化が起こっているのを認識できるようになりました。

特に印象的だった研修のひとつである、屋久島へは彼女を含む役職や年齢に関係なく参加を希望する社員と一緒に登り、その時の事を彼女は以下のように振り返ります。

「社員が屋久島の登山を通して感じた経験というのは、子供が体験の中で学ぶ団結力や絆。信頼みたいなものです。あ、上司なのにあんなとこでひっくり返ってる。それでもあきらめない姿を目の当たりにして…社内では常務や役職が先に立ってしまい感じない感情ですが、失敗してもあきらめない姿を見て自分もそうでありたいと思ったと聞きますね。」

14590352_1122073781204180_3915464542707244711_n
111
会社を出て一緒に協力して登った屋久島の研修で見たあきらめない上司の姿は、一人の人間としての課題に立ち向かう姿勢だった。

「私の心が本気で社員を、この人を守る。と理屈ではなく本気で思えるようになったのはごく最近です。」と話す玲子さんの瞳はしっかりと未来を見据え希望に満ち溢れていて心強く、彼女からは安心感が伝わってきます。

主婦という立場から、父親が託した最後の希望に背中を後押しされシンデレラストーリーのように光青工業株式会社の代表になった玲子さんは、自分自身が思い描く理想の社長像を追い求めながら、それに「伴うべき責任」を持って会社をリードして今まで業務に取り組んできました。

34_large
しかし社長の責任の一環として社員を守らなければならない、という使命感だけで動いていた当時、現実と理想が逆方向に進む事は日常で思い通りにならない毎日に苦しみましたが、研修を通して社員と人間としての繋がりを築き上げた事で、硬くかしこまった建前だけの「責任」よりも相手を思う本当の「思いやり」が生まれたのでしょう。

IMG_4399
1人1人の人としての繋がりが社内を変えた。

人は今までの人生の中でいた周りの環境を元にフィルターを自然と作り、そのフィルターを通して感じ、考えて、言葉を発信しているといいますが、玲子さんが説明するようにワールドユーの研修はそのフィルターを取り除く為のものではなく、グループワークを通して自分のペースで自身のフィルターの域を広く、深くしてくのです。

「本当に根本を学ぶ事ができる。抵抗感がなく学べて、こんなに自分のペースでいいのかなっていうくらい。ワールドユーの研修は自分も成長にも繋がって、仕組みとかではなくて具体的にどうしたらいいか、どう話したら良いかなといった具体策を学んでいます。本当に出会えてよかったと思える。」

20160905-DSC_8161
自分のフィルターと外的環境の壁とのギャップを下げてあげる事は、色々な考え方を理解する姿勢や認める勇気へと確実に繋がっていく。

そしてこの先立ちはだかる新しい課題や、将来に対する不安について聞かれた玲子さんは以下のように答えます。

「奈落の底はどこにでもある、いつくるかもわからないって思うけれど、その人にとって下の限界もあんまり考える必要もなくて、どこかで上がれる場所があるならそこから上がれば良いと思う。ずっとうまくいく企業なんてそんなにないんじゃないかな?どんな環境になっても一緒にやれるチームをつくりたい。社長としてそういう人を育てるきっかけを作って行きたい。」

課題や問題を回避する対策を前もって練っていくのも企業としての重要なことかもしれません。しかし課題や問題をマイナスなものとして捉えるのではなく、経営をしていくなかで経験する自然な流れの一つだと受け入れ、どんな困難でも一緒に乗り越えれるという仲間を作り、信頼する勇気こそが確実に企業の成功と活性化に繋がっていくのでしょう。

~人が生きる奇蹟の組織創造を目指して~ 
ビジョン経営を実現する 株式会社ワールドユーアカデミー
 

別の記事を読む → http://blog.world-u.com/

Pocket

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ワールドユーFacebook

関連記事

ページ上部へ戻る